鴇六連のまったりぐだぐだブログです

ARTICLE PAGE

シリーズものではありますが


先日、沖先生がツイッターに載せてくださった、サロメ&メルヴィネのイラストの破壊力が凄すぎて、鼻血ブーしそうな鴇です。こんばんは。


ドラゴンギルドシリーズ第3弾! ……なぁんて、私とても張り切って言っておりますが、つづきものではありませんそれぞれのお話は独立していますので、どちらから読んでいただいても大丈夫ですー。

刊行順は『紅炎竜と密約の執事』 → 『黒猫は蜜月に啼く』 →『人魚は愛を謳う』ですが、
時系列にした『黒猫~』→『紅炎竜~』→『人魚~』の順で読んでいただいてもまた違う面白さがあるかと思いました。(必死の宣伝)
もちろん、新刊『人魚は愛を謳う』から読みはじめていただいても、まったくもって問題ございません!
『人魚~』をおもしろいと思っていただけましたら、既刊もぜひお願いしますー!(必死の宣伝)

シリーズものらしいところ(?)がひとつありまして、『紅炎竜~』にあるサロメの登場シーン(幼生体の飼育小屋でリーゼとサロメとアナベルが話すところです)、そこに出てくる”バイロンの魔島”伝説が新刊のキーになっております。ですので既刊を持ってくださっているかたは、そこだけ再読していただけたらわかりやすいかなー、と思いました。(既刊をお持ちでないかたも大丈夫です。バイロンの魔島につきましては新刊に説明ページを入れました
この魔島伝説は、シリーズ1作目を書いているとき「伝説みたいなものがあればおもしろいかも。竜っぽさも出せそうやな~」なんていう軽い気持ちで考えました。
そんな「なんとなく」で作った魔島伝説が、サロメ編ではものすごい存在感となっております

また、新刊はシリーズ3作目ということもあり、(オーバーホールなどの)細かな説明は記述しませんでした。
それでも拙作の中で一番長いお話になってしまっっった……なんでなんで( ̄ロ ̄)?
担当さまに削れるところ教えてもらって、全部削ったんやけどな……。
設定モリモリのツメツメにしたせいかしら? ひとつずつ説明したいくらいの盛りっぷりなのですが、ネタバレになってしまうので、少しだけお付き合いくださいね


201604211830.jpg 今作の主人公・メルヴィネです。
 (しみじみと、かわいいなー…)
 
 お父さんが人間で、お母さんが人魚です。
 物語の冒頭で記憶を失い、
 ドラゴンギルドで目を覚まします。

 メルヴィネは唯一身につけていた、瑠璃色の
 ペンダントを頼りに記憶を取り戻そうとします。
 イラストのペンダント、とてつもなく美しい!
 拡大して見てしまう……
 


人魚につきまして、私が持っていたイメージは、可愛らしくて儚い……というものでした。
子供のころ読んだ『人魚姫』の通りです。
でも、あの超有名な海賊映画に登場した人魚を見て「どひぇー」となりました。
綺麗だけどめちゃくちゃ怖い。持っていたイメージをくつがえされるのは、ちょっとした快感があります(笑)
また、いろいろと調べていくうちに、人魚って”死”に近い生き物なのかな、と思うようになりました。
”夢”に関わりがあるのかなー、とも。

これらをもとに、ドラゴンギルドに登場する人魚は、美しいけれど妖しくて恐ろしい”魔物”にしました。
雄の体液を奪い、主食である人肉を得るために船を襲います。
額に触れてくる者の思考や記憶を読み取る”感知能力”を持たせました。眠る者と額を触れ合わせることで夢を共有し、死者との会話が可能です。
人魚たちの棲む海域には、この世とあの世をつなぐ”エキドナの門”があります。
……人魚の設定だけでもうお腹いっぱいな感じですよね


あとは……、シリーズ1作目のプロットを整えているとき、「ドラゴンギルドの舞台はヴィクトリア時代のロンドンをイメージしてます」と担当さまに話すと、「華やかさだけじゃなく、ちょっと妖しい雰囲気があるところがいいですよね~、ジャック・ザ・リッパーなど……」と言ってくださいました。
そのとき、あー、いいなー、切り裂きジャック的な雰囲気も出したいな~と思ったのです。1作目と2作目ではその雰囲気があまり出せなかったのですが今作は書けました。それらしき描写が少しあります。


サクッとまとめますと……
記憶を失くしたメルヴィネ、瑠璃色のペンダント、バイロンの魔島伝説、美しくも妖しい人魚たち、切り裂きジャックのような存在……そこにドラゴンギルド、帝国軍(海軍)も少しからんできます。
サロメ編は、かなりワチャワチャしております!

最後にあとひとつだけ!(長いですねゴメンナサイ)
はじめに書きました通り、先日、沖先生がサロメ&メルヴィネのイラストをツイッターに載せてくださいました。
あの素敵なイラストが、サロメとメルヴィネのすべてです(めちゃラブラブ……(´Д`*)ウハァー)
本編でも、サロメはずーっとメルヴィネを抱っこしてます。ちょっとは放したらどうなのよ……と思うくらい(笑)
そんなサロメの過保護ぶりも楽しんでいただけたら嬉しいです。


次回はサロメ&メルヴィネ以外のキャラクターをご紹介したいと思っております!