2015年 年末のご挨拶

  31, 2015 03:58
こんばんは。鴇です。
今年もあと1日となりました。年末のご挨拶です。

2015年は、つねに心の中に「ありがとうございます」という気持ちが在った1年でした。
こんなに素晴らしいことはないと思います。
拙作をお手に取ってくださった皆さまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
担当さま、編集部の皆さま、拙作に素敵なイラストを描いてくださった沖麻実也先生・鈴倉温先生、デザイナーさま、校正士さま、印刷会社の皆さま、本当にありがとうございます。


ラクな仕事というものは、存在しないです。
家事や子育て、職種や業務内容にかかわらず、そこには責任が発生します。
矛盾もあれば理不尽なことも起こります。ストレスを感じたり、ままならないことに苛立ったり。
会社勤めをしていた私はそんなとき、「休日は二度寝三度寝して、BLを貪るぜ!」――これだけを励みに乗り越えました。
(もちろん、ストレスとBL書籍の購買冊数はバッチリ比例していました!)

同じような気持ちで毎日のお仕事や業務に励むかたが、たくさんいらっしゃると思っています。
拙作がそういった日常を忘れられる存在になれたらと願っています。
本年はその思いひとつで、ファンタジーBLを書きました。
読んでくださった皆さま、本当にありがとうございます。
日常とは異なる世界に入り、そして小説を読み終えたとき、「あー、おもしろかった」と思っていただけるよう、これらからも精進して参ります。


2016年は新年のご挨拶とともに新刊のお知らせもさせていただきます。
新刊のお知らせができることは、本当に幸せなことです。ありがとうございます。
深く感謝しつつ一生懸命やります。どうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。


2015年12月   鴇六連