新刊 『紅炎竜と密約の執事 ~ドラゴンギルド~』

  27, 2015 15:07
*あらすじ*
政府の要人・ギュスターに隷属し、身体を弄ばれていた美しい青年・アナベルは、森で傷ついた孤高の火竜・ナインヘルを救ったことをきっかけに、竜族の住む竜の巣へと連れ出される。そこには絶滅危惧種である竜族が構成する竜結社(ドラゴンギルド)という組織があった。ギュスターから身を隠す代償に執事として竜たちの世話をすることになったアナベルを、ナインヘルは傲慢にも自らの部屋へ連れ込み、独占しようとする。さらには「おまえはもう、おれのものだ」とアナベルを組み敷き、求め始め…。

IMG_2481.jpg
角川ルビー文庫 2015年3月1日発売
イラスト:沖麻実也先生



4冊目も西洋ファンタジーを書かせていただきました。
冊数を重ねるごとに自分の趣味が色濃くなっていくような……。わがままをたくさん聞いていただきました。
そしてなにより感謝申し上げたいのは、こまごまとした設定のすべてを(本当に些細なところまで)沖先生がイラストにしてくださったことです。本当にありがとうございます。

当初、私はナインヘルたちに貴族の格好をさせていたのですが、担当さまが「かっこよく軍服にしませんか」とご提案くださいました。沖先生の描いてくださる軍服姿のナインヘルたち、たまりませんよね。
ちび竜を抱っこしてるサロメなんて、頭の中のイメージそのままです。
リーゼさん美人で怖い&サリバンえろい! テオはどこから見てもイイ先輩…
アナベルの微笑みに鼻血出そうです。ハァハァしてしまいます。

そんなアナベルは好きなタイプの受なのでとても書きやすかったのですが、ナインヘルは大変でした。
と言いますのも、私が書く攻はみんなどこか良い子やまじめになってしまうのです。
今回、担当さまからの「ちょっぴり悪いオラオラ攻にしましょう」という甘いお誘い(?)を受けて、よーし、やるぞー、と意気込んでいました。……が。

例にもれず、気を抜くとすぐ良い子になりたがるんです……
担当さまに「もっと悪くていいですよ! もっとオラオラしていいですよ!」と、本当に何度も何度も吹き込んでいただきました。
おかげさまで立派に育ちました。ナインヘルの生みの親はティアマトーさまですが、育ての親は担当さまであります。

今回、たくさんのキャラクターが出てきますが、一番頑張っていたのはまちがいなくナインヘルです。
大切なお母さんを助けるために命を懸ける、孤高のサラマンダー。
アナベルを守るべくサーベルを突き立てるナイン、最高にかっこいいよ!

最後に、ドラゴンギルドの竜たち11機をご紹介しますね。本編に登場してない仔もいます。
火竜 サラマンダー(荒っぽい/強い) ナインヘル
水竜 オンディーヌ(おとなしい/しとやか/綺麗) サロメ、キュレネー、フォンティーン
土竜 ゲノムス(どっしり/まじめ) エドワード、シャハト、バーチェス、シーモア
風竜 シルフィード(気まぐれ/美男子) サリバン、ガーディアン、オーキッド

楽しく読んでいただけますことを心から願っております



近日中にSSをお届けする予定です。
ナインヘルとアナベルが真夜中にお出かけするお話と、
できればもうひとつ(アナベルとリピンあたり)を書きたいなと思っています。

よろしければお立ち寄りくださいませー。お待ちしております。