鴇六連のまったりぐだぐだブログです

ARCHIVE PAGE: 2015年01月

READ MORE

既刊 『銀獣と碧の守護者』

*あらすじ*神獣と人間が共存する碧の国フェリエラルド。行方不明になった兄を探すため、マルス騎士団の精鋭部隊・神獣隊への入隊を望む見習い騎士のシュペリは、森の中で片腕となる神獣を探し、銀色の狼と出逢う。その獣こそ、紫の瞳に銀の毛を持つ伝説の神獣・タナトスだった。契約を交わすべく銀獣に近づくシュペリだったが、急に襲いかかられ、絶体絶命の危機に。ところが狼は突然銀髪の精悍な男へと姿を変え、「おまえの体液...
READ MORE

既刊 『夜伽恋情』

*あらすじ* 莫大な借金から家族を救うため、城郭都市の太守に身売りした春怜。そんな彼の前に夜伽の指南役として現れたのは、故郷を去ったまま音信の途絶えていた幼馴染・燈真だった。かつての優しい面影もなく、燈真は非情にも春怜に脚を開くよう命じてくる。親友に体の奥を暴かれる恥辱に耐え忍びながら、夜ごと男を悦ばせる術を教え込まれる春怜。しかし常に寡黙な燈真の瞳には理性では打ち消せない劣情が宿っていて…。武骨な...
READ MORE

既刊 『後宮の蜜月夜』

*あらすじ*「龍神の血を継ぐ」という珍しい金色の瞳のせいで、次期皇帝に貢物として差し出された水稀。しかしその次期皇帝は、以前故郷の森で倒れていたところを助けた、高貴で不遜な青年・秀瑛だった。龍神の力を狙われた水稀の身を案じ、後宮に匿ってくれると言う秀瑛。けれど、男子禁制の後宮に身を置くため、彼の「愛妾」になれと言われてしまう。秀瑛に求められるまま、夜毎の快楽に次第に溺れる水稀。体を重ねるほどに彼の...
No image
READ MORE

ご挨拶

はじめまして。鴇六連と申します。2015年の初め、すっきりと区切りよく、ブログを開設いたしました。小説サイトや同人活動を一度もできたことがなく(憧れです)、華やかな自己紹介が書けなくて寂しい限りですが……。BLという素敵な世界を知るのも少し遅めでした。なぜもっと早く知ることができなかったのかしら(泣)。ですから今現在もBLを語り合える友人はおりません……寂しくてトホホなことばかりですが、本当にひっそりと、ひっ...